--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチっと応援頂けるとうれしいです。
スポンサー広告
2009/06/29.Mon

書評:「道をひらく」 著:松下幸之助


楽天BOOKSにて870円。

道をひらくを読みました。

この本は要約はできません。
松下幸之助さんの短編を集めたものですが、
日々の日常の業務の中から、人、特に日本人としての生き方に思いを馳せる様子を想像しました。
特に、各文章の中に、「素直」「真剣」という語句が多く、
その哲学を感じます。

この本はビジネス本というよりは、
日々の業務の中で、自分がどちらの方向に向かっているのか?
ありたい自分の方向へ向かっているのか?
世の中のためになっているのか?
というときの方位磁石となる本だと感じます。
忙殺されて疲れたときに、叱咤されて凹んだときに、
順風満帆なときに、頭を切り替えてじっと読むと元気になれると思います。
座右の本とします。

オススメランク:★★★★★
ポチっと応援頂けるとうれしいです。
スポンサーサイト
★5 道をひらく | Comments(2)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。