--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチっと応援頂けるとうれしいです。
スポンサー広告
2009/07/04.Sat

世界一やさしい問題解決の授業 著:渡辺健介


楽天BOOKSにて1,200円

世界一やさしい問題解決の授業」を読みました。

2つの具体例
 ・学生バンドが観客数をふやすにはどうすればよいか?
 ・ある登場人物が自分のこづかいで目標期間までにパソコンを入手するにはどうすればよいか?
というストーリを通じて、問題解決にあたります。

1の例は、内容は「バンドのファン」を増やすというストーリですが、
市場が「学校」をターゲットとした、マーケティングを行っています。

AIDMAの流れに沿って、それぞれの段階の問題を整理し、
対応する仮説をたて、実施、検証するストーリーです。
数々のロジカルシンキング本が難しく書いてあるツールを、
中学生の身近な内容を題材としたそれらのツールによる解決方法を示しています。

2の例は「経営」的な色の強い題材です。
目標と現状の差異を示し、その差異を埋めるための問題解決を図ります。

具体的には、パソコンを買うための資金がいくら不足しているのか、
その不足分を補うにはどのような方法があるのか、
その中でも有用な方法は何かを煮詰めて実行するというストーリーです。

難しくなりがちな問題解決のツールの説明を、
非常にわかりやすく示した本です。
すでにこれらのツールを完全にマスターされた方は物足りないと思いますが、
勉強し始めの人にはとてもいい入門書だと思います。
中学生ぐらいの子供さんにもいい本ですね。

オススメランク:★★★★★
ポチっと応援頂けるとうれしいです。
スポンサーサイト
★5 世界一やさしい問題解決の授業 | Comments(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。