--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチっと応援頂けるとうれしいです。
スポンサー広告
2030/06/27.Thu

キニナル・アイテム




手動式断裁機A4長辺[プラス]PK-513FUJITSU FI-S1500 / ScanSnapぺんてる airpenMINI エアペンミニ
本を裁断して、電子データ化するのに便利な裁断機両面スキャンでボタンを押すだけでどんどん取り込みPDF化してくれるスキャナー 紙に書いたメモをそのままデータ化してくれるペン。字がきれいなら、TEXT化もしてくれる。

ポチっと応援頂けるとうれしいです。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(3) | Trackback(1)
2009/12/13.Sun

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 ジェームズ・C. コリンズ (著)

「ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 ジェームズ・C. コリンズ (著)」
を読みました。

「偉大な企業」に共通する点をつぶさに調べた本です。

興味深いのは、偉大な企業の要件の本質が単純である点です。
TOPは自分の栄誉栄達を望むタイプではなく、
その情熱を会社の成長に注ぎ込み、その成長に喜びを見出す。
組織にはしかるべき人を選び、適切な席に座らせて、どこに行くか協議する。
夢物語に終始せず、小さな実績を積み重ねて仕組みの回転を加速する。
また、自分達が世界で一番になれる可能性のある要素を見出し、
それ以外のものは「やらない」という規律をもち、
単純な指標で目標をもち、管理する。
社員にはその指標の範囲で裁量を持たせ、自由に行動させる。

物事を難しく捉えてややこしくせず、
有能なメンバーでやりたいことを共有して、
活発に議論しながら仕事を進める様子が目に浮かびます。

その社風を作り上げていく過程が大事なんでしょうね。
ウチの会社では時間がかかりそうです、、、

オススメランク:★★★★★




ポチっと応援頂けるとうれしいです。
★5 ビジョナリー・カンパニー 2 | Comments(0)
2009/11/23.Mon

コハダは大トロより、なぜ儲かるのか?  林 總 (著)

「 コハダは大トロより、なぜ儲かるのか?  林 總 (著)」を読みました。

副題は
「○経営に使える「ホンモノの会計力」が身につく本!」とあります。

内容はある赤字の服飾品メーカーの経営をめぐって、
女性社長が様々な助言や様々な意見を聞き、
悩みながら解決していく物語となっています。

この本のポイントは「仕掛品」に費やしているキャッシュフローの重要さです。
P/Lだけで判断しがちな儲けですが、
キャッシュフローの観点から見たときにどうなるかということを
物語をつかって、理解しやすく説いてくれています。

私もP/Lはある程度実務で触れていますが、
B/Sは良く分からないのが本音でして、入り口としていい機会になりました。

もうちょっと掘り下げてみようと思います。

オススメランク:★★★★★


ポチっと応援頂けるとうれしいです。
★5 コハダは大トロより、なぜ儲かるのか? | Comments(0)
2009/11/22.Sun

一勝九敗 (文庫) 柳井 正 (著)

ユニクロの 柳井さんの本、「 一勝九敗」を読みました。

ユニクロの立ち上げから現在に至るまでのエピソードと、
その時々での柳井さんの考えていたこと、ファインディングを綴った本です。

いわゆる「ビジネススキル本」と違うのは、それぞれのファインディングの裏づけがすべて実体験に基づいているという点です。
そのため、それぞれの内容が肉感、血流感といえるような肌感覚で理解できる本です。

特に記憶に残ったポイント
・一勝九敗でよいが、再起不能の失敗をしない。

・厳しい状況下で成功するには「新分野・新市場に新技術・新方法で取り組む」か
 「すでに古い産業と称される分野に新しいやり方・仕組みで取り組んで」ユーザーや
 消費者に受け入れられるかだ

私の勤め先もどちらかというと、古い産業に入る部類かもしれませんが、
やはりビジネスの中身の硬直化が起きているように思います。
新しい取り組みとか革新というようなワードは良く見るにもかかわらず、
いつも変わらず同じ社内の光景が目の前に広がっています。

その原因はいろいろですが、やはり失敗したと考えられるときに、
すばやくレビューし、「失敗」と認めることができない為です。
TOPがテーマ設定をすることがおおく、「失敗」を認めたくないTOPと
責任を負いたくないやらされ担当者というような構造です。

柳井さんの本を読んで、やはり経営者の覚悟の会社全体への影響力を
実感した次第です。
立場が変わったときにまた読むことにします。

オススメランク:★★★★★




ポチっと応援頂けるとうれしいです。
★5 一勝九敗 | Comments(0)
2009/11/17.Tue

大事なことはすべて記録しなさい  鹿田 尚樹 (著)

「 大事なことはすべて記録しなさい 」を読みました。

とにかく、最初は記録すること。
記録するときには日付を必ず書くこと。
続けられるようにするため、分類などはしないこと。

いつでもメモできるような環境にすること。
(家中にペンをおく、100円ノート)
簡単にメモできるツールを使いこなすこと。
(デジカメ・ボイスレコーダー)

興味深かったこと
・ヤル気スイッチをいれるために、手帳に漫画のシーンを貼る。
 (著者は「スラムダンク」の一シーン)
・ボイスレコーダーで自分の話し方を聞いて、レビューする。
・音声をつかって学習する。
 便利なサイト「Febe(フィービー)」「音学.com」
・なんでもかんでも日付スタンプを押す。
・頂きものメモを作る。

面白いフレーズ
・記録することで得られるメリット・・・・RECORD効果

 ①Remind   再現:読み返せる、マニュアル化できる
 ②Evidence  証拠:トラブル回避&実績を示す
 ③Consider  熟考:書くことで自然と深く考える
 ④Overlook  俯瞰:続けることで違いが見え、速くなる
 ⑤Report   伝達:正しく速く伝えることができる
 ⑥Database  蓄積:保存・記憶から開放される

さっと読める割に、示唆に富む本でした。
オススメランク:★★★

ポチっと応援頂けるとうれしいです。
★3 大事なことはすべて記録しなさい | Comments(2)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。